幹細胞注射はまだまだ進化する医療技術

幹細胞を注射や点滴で取り込む効果

人間の体は加齢と共に老化してゆきますが、そのメカニズムは細胞に原因があります。
若い頃は細胞分裂が活発であり、傷が付いた細胞を新しいものに置き換えることで自己修復が盛んに行われているのです。
だから怪我をしたり病気をしても、若い方が治りが早いと言われております。

幹細胞は文字通り細胞の幹であり、細胞分裂の核になる細胞です。
若い頃は活発であり年と共に衰えてゆき、やがてダメージよりも修復力が劣るようになるので外観的な加齢が起こることになります。
シミやシワやタルミなどは、すべて幹細胞の衰えが原因で起こる加齢なのです。

幹細胞を外部から注射によって体内に取り込めば、アンチエイジング効果があると近年分かってきました。
細胞レベルで老化を阻害するので、副作用が少ないことが特徴です。
体内の組織の再生力が上昇し、シミやシワなどを抑制することになります。
駐車だけではなく点滴でも体内に補給出来るので、血管や体内の循環への作用も期待出来るのです。

幹細胞は進化する美容や医療です

幹細胞による治療は現代とても注目されており、自分自身の免疫力やアンチエイジング力を高める副作用の少ない方法として知られております。
人間の体を維持するための細胞分裂は、若いほどに活発で加齢と共に衰えてくるのです。
幹細胞を外部から患部に注射などで取り込めば、例えば血流が良くなり肌の艶が増したり、器質的な症状のEDなどを改善する効果もあると言われております。

医療分野では保険適用はほぼされておりませんが、今後の研究や実証によっては現場での適用の可能性も少なくありません。
たとえば火傷などの皮膚に使えば、皮脂下に幹細胞注射をすることで再生力を上げて、治療期間が短くなる可能性があります。
さらに進化してゆけば重篤な病気でも適用されることもあり、たとえば外科手術後に治療目的で幹細胞注射をする可能性も考えられるのです。
まだまだ研究の余地がありますが、期待出来る新しい医療になります。
ますます進化してゆき応用文化が増えることが期待されているのです。

まとめ

幹細胞を活発化させることで医療や美容に作用して、より良い状態を目指すことが出来るのです。
シミやシワなどを目立たなくさせたり、不妊治療にも使えると言われております。
現在は大半が自由診療ですが、臨床結果によっては保険適用される日が来るかもしれません。

骨折度の治療や広範囲の火傷など、自分の再生力を上げるために幹細胞を注射して治療期間を短くできる可能性があります。
社会復帰が早なり通院回数も減るので、医療費圧迫の改善効果も期待出来るのです。

幹細胞注射はまだまだ進化する医療技術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る