幹細胞注射によりED治療の効果が期待できる理由

幹細胞がED治療に効果が期待出来るとの説があります

勃起不全はEDと呼ばれており、日本では40歳以上の男性の3人に1人が症状の高低に限らずに悩んでいるデーターがあります。
性欲自体が減衰しているケースではうつ病などの原因が疑われますが、器質的に体質的に同様の状態になることが分かっているのです。

EDはからだのあらゆる状態と密接に結びついており、とくに運動不足や寝不足や成人病などと一緒に発生することが分かっております。
生活習慣や食習慣の改善と、現在までは血管を拡張して酵素を阻害するED治療薬による改善が主流でした。
しかし近年では新しい治療方法も模索されているのが特徴です。

勃起不全の原因である血管の硬化を和らげるために、幹細胞注射を患部に行うことで早期改善効果を期待出来ます。
陰茎部の血管の流れが良くなり、興奮時に陰茎の膨張作用が改善することが一部の症例で認められており、自費診療で幹細胞mp注射を受けることが可能です。
幹細胞注射はすべてのクリニックで行われているわけではありません。
治療を行っている医院を調べて、効果が期待出来る場合には処置してもらうことがおすすめです。

幹細胞治療の効果で期待出来ること

人間の体は細胞の集合体であり、正常に細胞が分裂することで維持を行えております。
加齢により酸化して体は少しずつ傷が付きますが、この分裂作用により修復がされることが分かっているのです。
この大きな流れを新陳代謝と呼び、若いほど活発で活動的なことが特徴です。

加齢と共に新陳代謝の速度が遅くなると共に、若い頃のように完全修復がされません。
そのために新陳代謝をしても、衰えは蓄積してゆきます。
近年問題になっている勃起不全は、器質性EDの場合には加齢によって血流阻害が起こり発生することが分かっているのです。

幹細胞を注射によって体内に取り込むことで、血管を若返らせる効果が期待出来ます。
幹細胞を使うことで細胞分裂を活発にするので、血管の拡張が行われるのです。
現在は一部のクリニックのみの対応であり、保険診療ではなく自費による処置になります。
1回で1万円から3万円程度と高額なために、費用対策効果を確認して既存のED薬と比較検討するのがおすすめです。

まとめ

幹細胞を注射で陰茎部の幹部に届けることで、体内から活性化して血流の促進効果があることが分かってきました。
個人差がありますし自費診療のために、データーとしてはまだまだ不足しておりますが、今後不妊治療に認められる可能性も少なくありません。

早ければ30歳前半で器質性のEDになることもあり、婚姻年齢と重なるので不妊の原因になる可能性は多いのです。
忙しい現代人は健康を維持するのも大変ですが、こうした医療分野の進歩がクオリティオブライフに繋がることもあります。

幹細胞注射によりED治療の効果が期待できる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る